理想を超える金型を届けてくれる! おすすめダイカスト金型メーカー » ダイカスト金型業者一覧 » ケイテック

ケイテック

ダイカスト金型メーカー
おすすめ3選をチェック

精度と"おいしい取り組み"を兼ね備えたダイカスト金型メーカー3選 >>

長野県南佐久郡にある株式会社ケイテックは、設計から金型製作、提携工場と協力した量産、ダイカスト二次加工といった一連の工程を行なっている業者です。アルミと亜鉛ダイカスト金型を扱っており、特に小さいサイズの部品設計製作を得意にしています。

ケイテックのダイカスト金型

三次元モデリング(金型設計)

金型設計はダイカスト金型製作の重要な工程です。ケイテックでは、クライアントのニーズに従い新しいCAD・CAMシステムを用いて、構造図や三次元モデルプログラムの作成をします。

小型サイズのダイカスト金型を得意としている

ケイテックは小型パーツの金型を得意としている会社です。DVDやブルーレイのレーザーレンズを固定するホルダや、カメラ関連部品、自動車のステアリングラック・ギアケース関連、モーター関連や圧力計関連部品、錠前関連部品などの数センチ単位の金型製作実績を誇っています。

できあがった製品は、様々な立体形状を高精度に3D測定できる3Dスキャナ型三次元測定器にてチェック。顧客の要望通りの精密な金型を納品します。

量産にも対応

ケイテックは協力工場と連携して製品の量産まで対応できます。これにより、設計段階から金型製作、量産まで一連の作業工程サポートが可能です。ワイヤー加工や汎用フライス加工、平面研削加工などのダイカスト製品の二次加工にも対応しています。

精度とコスト削減を両立できる!
おすすめダイカスト金型メーカー

ケイテックのものづくり

三次元測定器による製品チェック

ケイテックはキーエンス社の三次元測定器VL-500を導入しています。VL-500は、製作した製品の全周まるごとウラオモテなく、どの方向からも形状データを取れるのが特徴。設計のCADデータと照合ができ、設計とのズレをカラー表示して違いを明確化できる優れもの。これによって、高精度の製品を作り上げることができるのです。

ケイテックのダイカスト金型の導入事例

ケイテックのダイカスト金型の導入事例は見つかりませんでした。

ケイテックのまとめ

ケイテックはアルミ・亜鉛ダイカスト製品に用いるダイカスト金型を設計・製作している会社です。特に小さく、複雑なパーツの金型製作を得意としており、映像や音響器具、自動車関連部品に用いられる金型の製作実績を持っています。クライアントの要望に応えられるよう、CAD・CAMを用いた設計段階から着手し、場合によっては提案・アドバイスも実施。より精密で満足度の高い金型に仕上げるため、できあがった製品は三次元測定器にてチェックしています。

ケイテックの会社概要

会社名 株式会社ケイテック
拠点の所在地 本社(長野県南佐久郡佐久穂町大字高野町414-1)
ダイカスト金型における使用設備 マシニングセンタ(NV4000DCG)、マシニングセンタ/マイクロセンタ(YMC650)、マシニングセンタ/ジグボーラー(YBM640V)、放電加工機(AM45L)、自動Y軸NC旋盤(クイックターン100MY)など
主要取引先 公式サイトに記載なし

高精度・高品質で金型の設計や他者製品の加工にも対応!
ダイカスト金型メーカーおすすめ3選をチェック