理想を超える金型を届けてくれる! おすすめダイカスト金型メーカー » ダイカスト金型とは » ダイカストと重力鋳造の違い

ダイカストと重力鋳造の違い

精度と"おいしい取り組み"を兼ね備えたダイカスト金型メーカー3選 >>

ダイカストと重力鋳造は、どちらも溶解金属を金型に流し込んで鋳物を作る鋳造技術の一種です。が、いくつかの点で違いもあります。ここではその違いについてご紹介。ダイカストと重力鋳造のメリット・デメリットも合わせて解説しています。

重力鋳造のメリット・デメリット

重力鋳造は金型を使用した鋳造技術の一種で、一般的な鋳造方法として知られています。溶解金属を金型に流し込む際、重力のみを利用して注入するのが特徴です。機械的な圧力はかけません。

重力鋳造のメリット

重力鋳造のメリットには次のようなものがあります。

圧力を使用しない重力鋳造は構造が単純なため、コストがダイカスト鋳造よりも安上がり。汎用性が高いのもメリットです。

重力鋳造のデメリット

重力鋳造のデメリットには、次のようなものがあります。

いずれのデメリットも重力をのみを利用して鋳造する、重力鋳造の特徴に起因しています。

ダイカストのメリット・デメリット

ダイカストはダイキャストとも呼ばれる金型鋳造の一種です。アルミニウムや亜鉛など非鉄金属の合金を高速・高圧で金型へ注入し素早く冷却して鋳物を成形します。精密な金型と高速・高圧での溶湯の充填、高寸法精度の鋳物が特徴です。ダイカストのメリット・デメリットは下記の通り。

ダイカストのメリット

ダイカストのメリットには次のようなものがあります。

複雑な形状の鋳物でも、早く大量に、高精度に、低コストで生産できるのがダイカストの利点です。

ダイカストのデメリット

ダイカストには次のようなデメリットがあります。

ダイカストは高価な鋳造方法です。特に初期費用が高くなります。しかし、生産個数を増やしていけば費用対効果を向上させることが可能です。

その他のダイカストに関する基礎知識

精度と"おいしい取り組み"を
兼ね備えたダイカスト金型メーカー3選