高精度・高品質で
金型の設計や
他者製品の加工にも対応!

ダイカスト金型メーカーを選ぶ際、当然、仕上がりの精度や品質は気になるところ。それに加えて、金型の設計他社製品の追加加工にも対応してる会社を選ぶのがおすすめです。
これらの条件を満たす、自社の用途に合ったメーカーを選びましょう。

ダイカスト金型メーカーおすすめ3選

google検索「ダイカスト金型 メーカー」上位60社から下記条件に合致する3社を選出しました(調査実施日:2024/1/12)。

  • ダイカスト金型の設計・製造に対応
  • 金型の流動解析に対応
  • 他社製ダイカスト金型への追加加工に対応
  • ISO9001認証取得
タカギスチール
タカギスチール
引用元:タカギスチール
http://takagi-steel.co.jp/
台湾にある海外工場と提携し
世界各国で150型以上の納入実績あり
  • 世界各国で実績のあるRM社と提携
  • トライまで完結した金型を納入
  • 金型費以外の経費も削減可能

タカギスチールの
公式HPをチェック

タカギスチールの
公式HPから問い合わせる

電話で問い合わせる

米谷製作所
米谷製作所
引用元:米谷製作所
https://yonetani-manufacturing.com/
専用部・汎用部を分離した金型で
部品製作のリードタイムを短縮
  • 専用部の組み換えで金型を設計
  • 3D設計でデータを一元化
  • 品質や成型サイクルタイムを改善

米谷製作所の
公式HPをチェック

米谷製作所の
公式HPから問い合わせる

電話で問い合わせる

吉田金型工業
吉田金型工業
引用元:吉田金型工業
http://www.yb-m.com/
テクノロジーと職人技の融合で製作工数の圧縮に挑む町工場
  • リバースエンジニアリングを応用
  • 既存製品から構造や仕組みを分析
  • 高品質化や金型の復元に活用

吉田金型工業の
公式HPをチェック

吉田金型工業の
公式HPから問い合わせる

電話で問い合わせる

ダイカスト金型メーカー
おすすめ3選の詳細

海外工場と提携し

世界各国で150型以上の納入実績あり

タカギスチール

タカギスチール
引用元:タカギスチール
http://takagi-steel.co.jp/

タカギスチールの特徴

台湾工場と提携して海外への
輸送コストを削減

タカギスチールのダイカスト金型は台湾の提携工場で製作しています。

海外工場で発注する場合には台湾から直接の納品になるため、日本国内の工場から出荷する場合と比較して輸送費の削減が可能。日本から出荷するのと比べて、輸送の期間が短縮できるのも嬉しいポイントです。

タカギスチールの公式HPには、台湾工場におけるダイカスト金型設計製作の動画も紹介されており、現地での作業にしっかりと責任を持つ姿勢がうかがえます。海外輸送におけるコストカットもタカギスチールの魅力です。

一貫対応で導入時の
生産効率を落とさない

タカギスチールのダイカスト金型の製作は、金型設計からトライアルまで一貫対応。すべての工程をタカギスチールの提携工場内で対応するため、タイムロスが少なく、安定した品質での生産が可能です。スピーディーな納品も実現できます。

発注元で行うことが多いトライアルは実施時に工場の生産ライン生産ラインをストップさせる必要がないのが魅力。一貫対応だからこその徹底した効率化とスムーズな作業でコストカットを実現します。

200社以上との協力で
コスパのいい提案を実現

タカギスチールは台湾工場をはじめ、国内外に200社以上の協力会社を持っています(2021年7月調査時点)。パートナーとの強力な提携関係を活かした高い対応力を発揮できるのが強みです。

顧客のニーズとコストのバランスを考えた柔軟な対応が可能。例えば複雑な形状の部品を製作したい場合、実現可能な技術を持つ業者との関係を取り持ってくれます。

提携企業・工場とのネットワークを活かした、コスパの高い提案をしてくれる企業です。

ダイカスト金型の導入事例

国内だけでなく海外の工場でも使う金型がほしい、という顧客の要望に応じて、海外の金型メーカーとタイアップ。 コストにも配慮しつつ、金型の設計から製作、型組付け、トライ(金型試打)まで実施。製作した金型は国内への輸入はもちろん、海外工場への出荷も可能です。

参照元:タカギスチール公式HP(http://takagi-steel.co.jp/works)

公式HPで
導入事例を見る

タカギスチールの基本情報

社名 株式会社タカギスチール
拠点所在地 本社(名古屋市中区錦3-7-19 錦TKGビル7階)
名古屋営業所(名古屋市港区藤前3-308)
豊橋営業(豊橋市三弥町字元屋敷51-1)
瀬戸工場(瀬戸市東安戸町16)

タカギスチールの
公式HPから問い合わせる

タカギスチールの
公式ブログをチェック

電話で問い合わせる

専用部・汎用部を分離した金型で

部品製作のリードタイムを短縮

米谷製作所

米谷製作所
引用元:米谷製作所
https://yonetani-manufacturing.com/

米谷製作所の特徴

専用部と汎用部を
明確に分離した構造

米谷製作所では、金型設計・製作において専用部と汎用部を明確に分離した構造を採用。専用部だけの製作・組み換えを行うことで、製作のリードタイム短縮を目指しています。製品の施策段階では砂型鋳造が用いられるのが一般的ですが、それと同等のリードタイムで金型から部品を製作し、製品開発全体の期間を短縮することが可能です。

完全3D設計で
データを一元化

金型は完全3D設計でデータの一元化を実現。金型製作の品質向上を図るとともに、リードタイムを短縮しています。金型を3D設計することで、部品の干渉だけでなく、組み立て効率まで事前に検討することができます。そのため、現場作業の効率化にも繋げることが可能です。

また、自動生成される部品表をもとに金型の部品をキット化すれば、部品の組み間違え防止にも役立てることができます。

作業性向上も視野に入れて
金型を設計

鋳造・ダイカスト金型では、熱交換器の役割が重要です。金型をすばやく、的確に冷却することで内部品質を向上させ、サイクルタイムアップが可能になります。しかし、複雑な冷却回路を持つ金型はメンテナンス性が悪化しやすいため、米谷製作所では作業性の向上も視野に入れて設計を行うようにしています。

また、3Dプリンターを使って冷却回路を最適化した金型部品を製作する事も可能です。

ダイカスト金型の導入事例

※公式HPに掲載なし

米谷製作所の基本情報

社名 株式会社 米谷製作所
拠点所在地 本社工場( 新潟県柏崎市田塚3丁目3番90号)
中部営業所(愛知県みよし市福田町屋敷浦76-9)
東京営業所(国際事業推進室)

米谷製作所の
公式HPから問い合わせる

電話で問い合わせる

※米谷製作所は公式ブログが見つかりませんでした。

リバースエンジニアリングによる

金型の補修・復元にも対応

吉田金型工業

吉田金型工業
引用元:吉田金型工業
http://www.yb-m.com/

吉田金型工業の特徴

リバースエンジニアリングを

ダイカスト金型・製品に応用

吉田金型工業では、既存の製品を分解して製品の構造や仕組みを分析する「リバースエンジアリング」をダイカスト金型や製品に応用しています。製品の現物からCADデータや金型を復元したり、手作業などで仕上げた金型をデータ化したり、経年劣化した金型の修理・復元をしたり、といったことが可能です。

工程管理ソフトを導入して金型制作を効率化

吉田金型工業は、各工程の詳細な情報や納期などをソフトウェアで管理できる「工程管理ソフト」を導入。金型制作における工程管理を効率化しています。

工程管理ソフトの活用により、スピーディーかつ効率よく作業が進められるほか、工程管理システムの共有により品質も安定。システム化された作業工程が吉田金型工業の特徴です。

信じて任せられる
金型づくり75年の実績

高精度な仕上がりが求められる金型製作は、実績のある会社でなければ安心して委託することはできません。吉田金型工業は昭和20年の創業以来、75年にわたって自動車部品をメインとする金型の設計・製造を行なってきた実績がある企業です。

着実に積み重ねてきた技術とノウハウ、人・地域との関係を大事にする「町工場」としての信頼性も築いています。吉田金型工業なら、細かく確認の問い合わせをしなくても丸ごとお任せできそうです。

ダイカスト金型の導入事例

※公式HPに掲載なし

吉田金型工業の基本情報

社名 株式会社吉田金型工業
拠点所在地 愛知県大府市横根町坊主山1番地589
対応している
⾦型素材鋼
要問合せ

吉田金型工業の
公式HPから問い合わせる

電話で問い合わせる

※吉田金型工業は公式ブログが見つかりませんでした。

ここではダイカスト金型を取り扱っている企業を一覧で紹介しています。

タカギスチール

創業60余年で培った豊富な経験と技術を持つタカギスチール。台湾のRace Mold社をはじめとする国内外の協力会社と提携しながら、ダイカスト金型を製作しています。顧客のニーズに合った製品を提案できるのが強みの企業です。

寿原テクノス

寿原テクノスは、「豊かな人材による技術革新と」「環境との共生を図る企業をめざして」いる会社。設計・加工・組み付けまで、高精度の品質を維持する生産システムを導入し、さまざまなダイカスト金型のニーズに応えています。

魚岸精機工業

自動車用ダイカスト金型を数多く手掛けている魚岸精機工業。アルミホイール・エンジン・シリンダー・オイルパン・スターターなど、各メーカーの自動車部品用の金型を製作しています。

エスワイ精機

山梨県笛吹市に本社を構えるエスワイ精機。ダイカスト部門では、1985年の創業以来、カメラ三脚や自動車ライト、シートベルト、ミッション、ヒートシンクなど、幅広い種類のダイカスト鋳造を行なっています。

大久保金型工業

大久保金型工業では、ダイカスト用をメインに金型の設計製作を手掛けています。製品製作のサポートから流動解析を用いた鋳造法案作成まで一貫した対応が可能。材質や鋳造形態を問わず設計製作を受け付けています。

コトブキ精機

愛知県碧南市に拠点を置くコトブキ精機は、コールドチャンバーをはじめとするダイカスト用金型を手掛ける会社。クリエイションだけでなく、金型メンテナンス班による金型トラブルのフォローも推進しています。

スギヤマ

自動車用、ダイカスト用など各種金型の製造・販売を手がけるスギヤマ。大きな特徴は設備がしっかりと整った機械加工工場。量産小物部品から大型鋳造品に至るまで幅広く完成加工に対応できます。

大同DMソリューション

素材「工具鋼」の可能性を追求している、大同DMソリューション。社内には金型部材のスペシャリストが在籍。金型鋳造の工場や金型費用の削減、要望に即した金型製作など、多様なニーズに応えられます。

大同特殊鋼

愛知県名古屋市に本社を置く大手特殊鋼メーカー、大同特殊鋼。高度な技術力とノウハウを背景に、特殊鋼鋼材、機能材料・磁性材料、自動車部品・産業機械部品など様々な事業を手掛けています。ダイカスト金型に用いられる「熱間工具鋼」も製作。

日本精機

日本ダイカスト協会に加盟している日本精機は、ダイカスト金型の設計製作・メンテナンス、金型部品製作、金型コンサルティングなどを手掛ける事業会社。安定した技術力と充実した設備機器をフル活用して、完成度の高い製品を供給しています。

友鉄工業

広島市安佐北区安佐町に本社・工場がある友鉄工業。多くの国家技能検定取得者と充実した設備を擁し、高品質なダイカスト金型専用材を開発するなど、豊富な実績を有しています。

吉田金型工業

金型を作り続けて75年の実績を誇る吉田金型工業。樹脂造形(3Dプリンター)による造形モデルの製作販売、工程管理ソフト導入による金型製作の効率化など、多彩なサービスを提供しながら、自動車部品中心のダイカスト金型の設計・製造に励んでいます。

ビヨンズ

静岡県富士市の本社をはじめ中国、タイ、メキシコなど海外拠点も持っているビヨンズ。ダイカスト金型メーカーとして、自動車関連部品やガス機器など、~2,000tクラスまでの金型製作に対応しています。

長野県諏訪市に本社を構える旭。アルミ・亜鉛・マグネシウムなど各種ダイカスト金型の設計製作を請け負っています。特徴は顧客本位のサービス提供。常に顧客に密着した金型設計を目指し、ニーズにあった金型を提供します。

福光工業

富山県南砺市を拠点にダイカスト金型・プラスチック金型の設計・製作を展開している福光工業。1981年の創業以来、積み重ねた実績と経験、金型のエキスパートにより、さまざまなニーズに対応します。

ベントム工業

ダイカスト金型設計製作や鋳造金型設計製作など、幅広いサービスを手掛けるベントム工業。持ち味は、高品質高精度な金型を短納期で届けられること。一式型(量産型)だけでなく、試作型にもスピーディーに対応。

若園精機

アルミ鋳造用金型の部品製作が得意な若園精機。これまでにつちかってきた技術や設備を導入しながら、スピードと品質を両立させたクリエイトが可能です。ダイカスト金型の部品(入子・中子・ダイス)の製作も得意分野。

小出製作所

ダイカスト用・鋳造用金型の設計、製作を行う金型専業メーカーです。四輪・二輪におけるエンジン、ミッションの関係部品の金型をメインに製作。船外機、特機への供給も行なっています。

作石製作所

創業から49年の歴史と実績を持つ作石製作所。熟練の技術を持つプロフェッショナル集団と機械設備とをフル活用し、高精度なダイカスト金型を低コスト・短納期で供給することができます。

七宝金型工業

七宝金型工業は、ダイカスト金型を中心とする専門企業です。二輪車・四輪車機能部品、農機具用などへのダイカスト金型の設計・製造を行なっています。独自の技術開発、システム、設備の充実を図ることにも熱心です。

明和製作所

国内のみならずアジアと中南米にも拠点を有するアルミダイカスト金型メーカー、明和製作所。金型の設計・製作・粗材検査まで、顧客のニーズに応じた金型を供給しています。合言葉は、「全拠点で同一品質の金型を提供」。

ダイカストとは鋳造方法のひとつ。合金をダイカスト金型に流し込み、ダイカストマシンによって圧力をかけていく鋳造方法です。ここでは、ダイカスト鋳造の金型に関する情報をまとめています。

複数の部位によって構成されるダイカスト金型は構造によって分類できます。ダイカスト金型の構造と部品をご紹介。各パーツの特徴も説明しています。

ダイカスト金型に使用される材料鋼には、一般的な「SKD61(JIS相当規格)」や、SKD61に改良を加えた鋼材「SKD61改」といったものがあります。それぞれの特徴や性質、細かな鋼種名などについて解説していきます。

ダイカスト金型では成形不良が起こる場合があります。鋳巣やヒケ、充てん不足(湯回り不足)、コールドシャット(湯境)、割れ・歪み、といったものです。それぞれの症状における特徴と対処法をまとめています。

ダイカスト金型の設計工程には「構想設計」「基本設計」「製品設計」「方案設計」と4つの手順があります。各工程の検討内容と効率化のポイントについてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

ダイカスト金型の製作では、流動解析を用いたシミュレーションを行なっています。流動解析により金型の不良・不具合の防止が可能です。流動解析と、流動解析で防げる金型不良について紹介しています。

ダイカスト法で作るのはアルミニウム合金や亜鉛合金などの非鉄金属製品など。なぜこれらの用途にダイカスト法を用いるのでしょうか。理由についてまとめていました。

ダイカスト法と一般的な鋳造方法(重力鋳造)にはさまざまな点で違いがあります。各鋳造方法の特徴を、メリット・デメリットと合わせてまとめました。

ダイカスト金型は定期的なメンテナンスを行うのが大切。なぜメンテナンスが必要なのか、具体的にどのようなメンテナンスを施せばいいのか、注意点も含めて解説しています。

ダイカスト金型は減価償却ができる資産です。耐用年数の2~3年で分割して費用計上することができます。ダイカスト金型における減価償却と、減価償却の基礎知識をまとめました。

ダイカスト金型にかかる費用は一律ではありません。委託先の業者や製法によって費用はさまざまです。低コストでダイカスト金型を製造するための工夫について紹介します。

ダイカスト金型の完成度もさることながら、工程にかかる期間や納期についても気になるところ。ここでは、業者や製法によって変わるダイカスト金型の納期について、さらに納期を短縮する方法についても解説しています。

一般的なダイカスト法より高品質な製品を鋳造できる特殊ダイカスト法。真空ダイカスト法や無孔性ダイカスト法、局部加圧ダイカスト法などの種類があります。それぞれの特徴やメリットについてまとめました。

ダイカスト法における金型冷却は適切な仕方で行われる必要があります。冷却が適切に行われないとどうなるのかをご紹介。ダイカスト金型の冷却パーツに関する業界内でのさまざまな取り組みについても紹介しています。

ダイカスト金型には寿命があります。どれぐらいの期間で寿命が尽き、寿命になると何が起きるのでしょうか。ダイカスト金型の寿命や見極め方についてまとめました。

助成金制度の適用が可能なダイカスト金型。助成金は融資ではないため、返済不要な財源として使用できます。具体的にどのような助成金が適用されるのか、申請方法や注意点も含めて解説していきます。

ダイカスト法には一般的な鋳造方法と比べた場合のメリット・デメリットがあります。利点と欠点をバランスよく理解しておくことで、ダイカスト法の適切な運用が可能です。ダイカスト金型のメリット・デメリットを紹介しています。

セミソリッドダイカストは、溶湯をセミソリッド状態にする方法のことをいいます。スラリー化してから鋳造するのが特徴です。セミソリッドダイカストとはどういったものなのか、将来性はあるのかなどについて解説します。

電気自動車の分野でもダイカスト製品が活躍しています。燃費性能を高めるためには軽量化することが重要であり、ダイカストでは鉄と比較して軽い合金を選択することも可能です。電気自動車とダイカストについて解説します。

アルミダイカストの溶接を行おうと考えている場合、非常に難易度が高いことを理解しておかなければなりません。アルミダイカストは熱伝導率が高いことや、巣が発生しやすいのが理由です。溶接の難しさと注意点を紹介します。

アルミダイカストに施される表面処理がアルマイト処理です。アルマイト処理の特徴やメリット、注意しておかなければならないポイントを解説します。

ダイカストと比べられることがある加工方法が、低圧鋳造です。低圧鋳造は、空気圧を使って金型に溶融金属を注入して鋳物を成形する加工方法です。低圧鋳造にはどのような特徴やメリット、デメリットがあるのか、ダイカストとは何が違うのか解説します。

ダイカストは、大きく分けるとコールドチャンバーダイカストとホットチャンバーダイカストの2種類です。それぞれ、かかるコストや鋳造サイクルの早さには違いがあります。おさえておきたい特徴とメリット・デメリットなどについて解説します。

部品加工技術の中でも特に大量生産を行う際に適しているのが、ダイカストや射出成形と呼ばれる方法です。どちらも似たような加工方法と思われることがあるものの、特徴が異なります。各技術の特徴や、代表的な違いを解説します。

ダイカストと砂型鋳造は、どちらも鋳造技術です。砂型鋳造は、砂に添加剤などをあわせたもので鋳型を造ります。ダイカストよりも大型の製品を製造可能です。砂型鋳造の特徴や、ダイカストとはどういった違いがあるのか解説します。

ダイカストで注意しなければならないのが、金型に亀甲状のヒビが入ってしまうヒートチェックと呼ばれる現象です。リスク確認のため試験を行いましょう。ヒートチェックの詳細や、試験が必要な理由などを解説します。

ダイカスト鋳造とロストワックス鋳造は、使用できる素材やコストに違いがあります。ロストワックス鋳造の特徴やメリット・デメリットを踏まえ、ダイカスト鋳造と比較してみましょう。

ダイカスト金型に使用するエジェクタピンは、ダイカスト金型からダイカスト鋳造品を取り出すために用いられています。ここではエジェクタピンの役割や種類、選ぶ際のポイントなどを紹介します。