理想を超える金型を届けてくれる! おすすめダイカスト金型メーカー » ダイカスト金型とは » ダイカスト金型に必要なメンテナンス

ダイカスト金型に必要なメンテナンス

精度と"おいしい取り組み"を兼ね備えたダイカスト金型メーカー3選 >>

ダイカスト金型を長く安全に使い続ける上では、適切な知識と技術によるメンテナンスは欠かせません。

ここではダイカスト金型のメンテナンス・補修の必要性と、メンテナンス時の注意点について解説しています。

ダイカスト金型メンテナンス・補修の必要性

ダイカスト金型は複雑な形状や高精度な製品をつくれる便利な道具ですが、使っていれば破損や歪みが生じます。高温・高圧での鋳造を繰り返し行っていくうち、金型が伸縮したりヒビ割れが発生。あるいは経年劣化によっても破損や歪みが生まれます。ダイカスト金型には定期的な修理・保守メンテナンスが必要です。

具体的にどのようなメンテナンスを行うのか説明します。

ヒートチェックへの肉盛溶接

長年の使用によりヒビ割れや亀裂の入った金型を、元の状態に戻すためのメンテナンスです。方法は溶接による肉盛補修。金型の損傷した部分を溶接で物理的に盛り上げ接合します。溶接後、MCや放電による加工処理を行い形状を整えていきます。

湯回り改良

湯回り改良は、湯回り不良(部分流動停止)のトラブルに対処・予防するために行うメンテナンスです。ソフトウェアによる流体解析を用いながら問題箇所を特定し、湯口や排水口を変更し不良の原因を排除。流動性の回復を促します。

ダイカスト金型メンテナンス時の注意点

ダイカスト金型のメンテナンスを行う際の注意点を2つ紹介します。

設計データの有無を確認する

ダイカスト金型の修理を行う前に修理する金型の「設計データ」の有無を確認しましょう。どんな修理・メンテナンスを行うにしても、新品時の設計データが基準になるためです。修理対象の金型の構造を理解し、適切な修理を施すための設計データがなければ、金型を正しく復元できません。万が一設計データがない場合は、熟練の修理スタッフが在籍している専門工場への依頼をおすすめします。

生産計画を考慮する

ダイカスト金型の修理やメンテナンスは、生産計画や納期によって対応の仕方が違ってきます。例えば、納期が喫緊に迫っているという場合は、最短でも2ヶ月程度はかかる金型の再製作を行っている余裕はありません。部分的な修理を選択したほうがいいでしょう。ダイカスト金型の修理・メンテナンスを実施するときは、生産計画や納期を考慮した上で、最もロスの少ない方法を選択してください。

その他のダイカストに関する基礎知識

精度と"おいしい取り組み"を
兼ね備えたダイカスト金型メーカー3選